④羽ばたけ!別府ブルーバード

一月末の大阪シアターセブンでの上映が延期になり落ち込んでいたところに急遽上映が決まった別府ブルーバード劇場。スパミを観てくれた業界の方が劇場に紹介してくださったらしく、先方からご連絡いただきました、、、!歴史ある劇場、名物支配人がいてファンが沢山いる劇場。大変光栄でした。こういうご連絡って本当に突然やってくるので割と驚きます。

電話「え?あ、はい。そうです。お世話になっております。はい、、、え?有難う御座います!はい、是非、、!」(←だいたいこうなる

ただコロナ禍であったのと、草場さんも高山選手もスケジュールが埋まっていて舞台挨拶に伺う事ができませんでした。リモート舞台もできずな2週間上映でした。でも嬉しい事に、スパミを応援して下さっている常連の方が別府まで足を運んでくださったのです。また、夏に愛媛国際映画祭で本作が上映されたのですが、そのキッカケはこの上映期間中に映画祭関係者の方が別府ブルーバード劇場でスパミを観てくれた事でした。

「観たら人が動く」

そんな作品なんだなと改めて思いました。

それでこの頃だったと思います。広島での上映に向けて準備を始めていました。厳密にはポレポレ東中野での上映以降には動き始めていました。何度か触れる事になると思いますが、当初から高山選手、そしてスパミの大きな目標の1つが高山璃子の地元・広島県で上映をする事でした。ただでさえ自主配給は不利でかつこのご時世ですから、非常に厳しい道のりでした、、、!


2020年12月横浜シネマリン 「ももいろそらを」のお二人と。

ーーーーーーー

横道

ーーーーーーー

横道に外れるコーナーです。

最近私が配給のお手伝いをさせていただいている作品に、2022年1月に池袋シネマ・ロサ劇場で公開された16mmフィルム映画「相対性浪漫飛行」という作品があります。コチラのメインキャストでもある上田うたさん、実は過去に高山選手と舞台で共演歴があったのです!

上映初日、上田さんが舞台挨拶にいらっしゃるとの事で、高山選手が劇場に駆け付けてくれました。事前に上田さんにはお話していたわけではなかったので控室で高山選手を見た上田さん、えらい驚いていました。

上田「え!聞いてへん!どうしたん?なに?今日のゲスト?サプライズ?!」


色々なご縁がありますね!






閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月下旬、ついに撮影が行われました。なんやかんやでしぶとい作品です。都内で行われた撮影は、予定通りに終了しました。俳優というのは凄いですね、というか高山璃子は凄いと素人目にも分かる数日間でした。ONとOFFの表情が本当に全く違います。人の表情や雰囲気ってある程度離れていると分からないものですが、高山選手の場合は離れていてもその表情の変化が伝わってくるのです。「これが本物か」と心から思った瞬間でした

このブログを読んでいる皆さまはご存じかと思うのですが、タイトル名が変更になりました。当初は「君の宇宙」だったのですが、現在は「黄色いくちばし」というタイトルです。しかしこれも仮ですので、また変更になるのかもしれません。 「準備」といっても撮影組がどのような準備をしているのかは全く分からないのですが、当時マネージャー陣は広島と東京で高山璃子ドキュメンタリーを撮影していました。当初の予定だとドキュメン

広島に高山璃子を2週間放り込めばいいことがある。はっきり言ってマネージャーとして私が機能したのはこれが最初で最後だったと思います。もう、広島に入ってからは高山選手が次から次へとチャンスを掴み取っていくのです。 シネマ尾道から広島市に帰ると、ラジオ出演が控えていました。なんだかさらっとそういう事があるようになっていたのです。それには理由がありまして、呉ポポロシアターから遡ること2か月。横川シネマでの