⑧呉!ポポロシアター篇(リモート舞台挨拶の裏側)

広島に高山璃子を2週間放り込めばいいことがある。はっきり言ってマネージャーとして私が機能したのはこれが最初で最後だったと思います。もう、広島に入ってからは高山選手が次から次へとチャンスを掴み取っていくのです。


シネマ尾道から広島市に帰ると、ラジオ出演が控えていました。なんだかさらっとそういう事があるようになっていたのです。それには理由がありまして、呉ポポロシアターから遡ること2か月。横川シネマでの上映中に高山璃子をめぐる環境は大きく変化していました。以前に横山雄二さんに沢山関わっていただいたことを書いたかと思うのですが、その関係か、RCC(中国放送)内で噂になっていたのか、RCCの方が横川シネマの上映にわざわざ観に来てくださったのです。その方が舞台挨拶後に高山選手にお声がけ下さり、名刺交換をしたのです。直ぐに御礼のメールを高山選手がしたその時から、今日まで続いている広島でのお仕事の扉が開いたのです。


RCCでは上映中に幾つかのラジオ番組に出演させていただき、そこでの露出が増えた事で姉妹で音楽活動されているMebius(メビウス)さんの楽曲「贈りもの」MVへの出演が決まりました。他にもRCCテレビ「千鳥の出没!ひな壇団』」謎解きドラマ出演、「体験のまち」三原・世羅 三原・世羅を野々村真・俊恵ご夫妻出演回 ナレーション、ケーブルテレビ ちゅピCOM11ch『川島宏治のTHEひろしま・プラス1』への出演、そして現在レギュラー出演しているRCCテレビ 広島広域都市圏 魅力発信 「元就。二百万一心」 レギュラー出演。もう、凄い勢いで露出が増えました。殆どの収録が年内でしたので、毎週のように広島に通っていました。また、これは最近のお話しですが、RCCテレビドラマ「サウナぼっち。私とサウナと熱波師と」水内亮子役としての出演が決まりました。放送日は2022年9月28日(水)24時55分から放送スタートです。何話目からの出演かはお楽しみに・・・。他にも出演の決まっている作品があります。随時発表されると思うのでどうぞご期待ください。


そういった事もあり、高山選手は広島と東京の往復を繰り返す日々を過ごしていました。大変忙しく、呉ポポロシアター劇場での舞台挨拶が行けるのかどうかが分からず、かなり直前でどうやら厳しそうだ、という事が分かりました。でもひょっとしたらリモートならやれるかもしれない。しかも撮影現場から・・・。そう、ちょうど出演映画の撮影中で、その合間を縫ってなんとかできないか、と考えていました。撮影を止めてもらうわけにはいかないので、事前告知ではリモートでも舞台挨拶の名前に高山璃子の名前は記載しませんでした。結果は、映画の現場プロデューサーさんのご配慮で、冒頭に少しだけ出る事ができました。よかったとてもよかったです。映画現場の皆さまに本当に感謝しております。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月下旬、ついに撮影が行われました。なんやかんやでしぶとい作品です。都内で行われた撮影は、予定通りに終了しました。俳優というのは凄いですね、というか高山璃子は凄いと素人目にも分かる数日間でした。ONとOFFの表情が本当に全く違います。人の表情や雰囲気ってある程度離れていると分からないものですが、高山選手の場合は離れていてもその表情の変化が伝わってくるのです。「これが本物か」と心から思った瞬間でした

このブログを読んでいる皆さまはご存じかと思うのですが、タイトル名が変更になりました。当初は「君の宇宙」だったのですが、現在は「黄色いくちばし」というタイトルです。しかしこれも仮ですので、また変更になるのかもしれません。 「準備」といっても撮影組がどのような準備をしているのかは全く分からないのですが、当時マネージャー陣は広島と東京で高山璃子ドキュメンタリーを撮影していました。当初の予定だとドキュメン

横川シネマでの上映は結果的に、2週間毎日舞台挨拶を行いました。1日だけリモート挨拶があったくらいだと思います。ゲストには横山雄二さん、大窪シゲキさん、高山選手が通っていたダンススクールK.D.SのKIYOさんSACHIさん。沢山のゲストに来ていただきました。8月に再びコロナが流行し、9月は劇場の席数は半分となりましたが、初日は満席、いつだったか台風がぶつかった際に来場者が少なかっただけで、集客率は